長者の福竹

長者の福竹

長者の福竹

アシナヅチ、テナヅチとクシナダヒメは、ヤマタノオロチの危害から逃れるとき、この地に立ち寄り休憩されました。

使っていた竹の杖を地面に立てたところ、杖から根が出たことから「長者の福竹」という地名になったといわれています。

住所雲南市木次町西日登
駐車場なし
備考欄<自家用車>
松江自動車道「三刀屋木次」から国道54号、県道45号でおよそ15分