こんにゃく作り体験

こんにゃく作り体験

こんにゃく作り体験

#アクティビティ #体験

雲南市三刀屋町中野地区では昔は各家庭でこんにゃくを作っていました。いわゆる「手前こんにゃく」。

「中野こんにゃく」を作っている地域自主組織「中野の里づくり委員会」でこんにゃく作りを教えていただけます。またこの地域では、「砂おろし」と言って、節分にこんにゃくを食べる風習があります。一般的にこんにゃくは「胃のほうき」「腸の砂おろし」と呼ばれ「デトックス」に効果があると言われています。

【期  間】 10月~3月(生芋を使用する時期)
【所要時間】 約2時間
【体験料金】 5,000円/木型1枚 約250gが18枚分
【定  員】 1名~10名
【場  所】 中野交流センター
【予 約】 要予約(10日前まで)
【準 備 品】 エプロン・タッパー容器をご持参ください。
【申込先】 中野の里づくり委員会 TEL 0854-45-2795
【利用可能日】 9:00~16:00 平日
営業時間 9:00~16:00
定休日

土、日曜日・祝日

駐車場

あり(大型バス可)

所在地

島根県雲南市三刀屋町中野375-2

アクセス

松江自動車道三刀屋木次ICより車で約30分

お問い合わせ 地域自主組織 中野の里づくり委員会(中野交流センター) TEL/FAX: 0854-45-2795

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です